ユキのガジェットBlog

PCやゲーム機の周辺機器、オーディオ機器を中心に興味のある物をレビューしていきます。よければ見てね

「ASUS TUF Gaming K1」初めてのASUSキーボードに最適!!便利なボリューム調整ノブ付きの格安キーボードが出たぞ!!!

 

 

 

f:id:Mayuki2134:20201007150354j:plain

 

どうもユキです 

今回はASUSのゲーミングブランドTUFシリーズから新メンブレンキーボード

「TUF Gaming K1」が発売されたので、詳しくレビューしていこうと思います

 

目次

 

TUF Gaming K1とは

TUF Gaming K1とは2020年8月7日にASUSの「手頃な価格と信頼性の高さ」をコンセプトとしたTUFシリーズより登場したエントリー向けのゲーミングキーボードです。

フルサイズキーボードで音量調節ノブやコップ1杯程度の水なら問題なく、パームレストがついていたりと価格の割にはてんこ盛りなキーボードです。

最後にASUSからメンブレンキーボードが出たのが2017年なのでASUS好きの方ならうれしいのではないでしょうか

地味に日本語配列なところもうれしいところですね

 

 

TUF Gaming K1の特徴&スペック

・19キーロールオーバー(どれだけ同時に押しても認識されるか)のスイッチを搭載

・素早く簡単なオーディオ調整が可能な専用ボリュームノブ搭載

・300mlまでの流水に対応

・キーの配置の変更やマクロの割り当てが可能

オンボードメモリ搭載でキーボード単体で設定を保持

・取り外しできるパームレストで作業の快適性を実現

・側面間にまでついた鮮やかなLED

・8つのプログラム可能なキーを備えている

 

製品名 TUF Gaming K1
キースイッチ メンブレン
バックライト LED
オンボードメモリ 対応(3プロファイル)
USBパススルー なし
寸法 幅 451x奥行 155x高さ 36mm
配列 日本語配列
発売日 2020年8月7日
価格 2020/8/11 Amazon価格 5980円


TUF Gaming K1開封&外観チェック

↓外箱はこんな感じです。

f:id:Mayuki2134:20201007141820j:plain

 

↓中身たち

f:id:Mayuki2134:20201007141855j:plain

 

内容物を詳しく

・TUF Gaming K1 本体

パームレスト

・クイックガイド

 

↓まずはキーボードから。

f:id:Mayuki2134:20201007142724j:plain

プラスチックフレームですがマット仕上げのお陰で高級感が漂っています。

  

↓8つのプログラム可能なキーを備えています

f:id:Mayuki2134:20201007142435j:plain

 

↓専用のメディアキー。

f:id:Mayuki2134:20201007142049j:plain

回すことができ、音量を素早くかつ簡単に変更できます。

 

↓フルサイズなのでサイズはそれなりに大きいです。

f:id:Mayuki2134:20201007142400j:plain

やはり特殊なメディアキーを取るとフルサイズになりますね。

コンパクトさのテンキーレスとどちらを取るかは人の好みになりそうです。

 

↓次は裏面です

f:id:Mayuki2134:20201007142818j:plain

表のプラスチックはマット仕上げが施されていますが、裏は施されていません。

 

↓高さ調整は一般的な一段階切り替え式です。

f:id:Mayuki2134:20201007142938j:plain

f:id:Mayuki2134:20201007142953j:plain

 

↓専用のパームレスト

f:id:Mayuki2134:20201007143128j:plain

 

↓これもマット仕上げされています。

f:id:Mayuki2134:20201007143149j:plain


↓装着するとこんな感じになります。

f:id:Mayuki2134:20201007143520j:plain

f:id:Mayuki2134:20201007143619j:plain

若干ぐらつきますが、作業のしやすさは段違いに楽になります。

 

専用ソフトのカスタマイズ項目をチェック    

↓ROGデバイス専用ソフト[Armoury Crate]を起動しました。

f:id:Mayuki2134:20201007145003p:plain

 

こちらはキーのタブです。

f:id:Mayuki2134:20201007145023p:plain

ここではキーを変更したり、マクロを割りあてたりできます。

 

↓次はLEDのタブです。

f:id:Mayuki2134:20201007145053p:plain

 

↓[Game LIbrary]ではゲームごとに設定を自動で切り替えるための設定をする画面です。

f:id:Mayuki2134:20201007145435p:plain

 

↓最後に[シナリオプロファイル]の設定画面です。

f:id:Mayuki2134:20201007145455p:plain

[Game LIbrary]でゲームごとにプロファイルを切り替えたい場合は、ここであらかじめプロファイルを作っておく必要があります。

 

メリット&デメリット

TUF Gaming K1を買うメリット

・メカニカルキーボードの半額で買える安さ

・専用ソフトがしっかり作りこまれている

パームレストがあり、作業が楽

・8つのプログラム可能なキーや音量ノブがあり作業の効率UP

メンブレンスイッチの完成度が高く、静かで打ちやすい

 

TUF Gaming K1を買うデメリット

・キーストローク、キーピッチなどの情報が全く出ていない

・LEDの輝度が低く見ずらい&ムラが若干ある

・カナが印刷されていない(人によっては)

 

まとめ

今までメカニカルキーボードしか使ってきませんでしたが、TUF Gaming K1は静かで軽い力で打てるのでとても使いやすいです。

パームレストに関しても最初は「こんなので変わるか?」と思っていましたが、もうこれがないとだめになった気がします(笑)

音量調節ノブも手元で素早く調節できるのでゲームの時重宝しますし、耐水性能もあると安心感が違うので有難いですね

これが6千円で買えるなら間違いなく買いだと思います。